本文へスキップ
東京都板橋区のデントリペア専門店|スイングクラフト

デントリペア東京

違和感を感じてご依頼頂きました。

皆さん、こんばんは~

東京都中野区より、トヨタAE86トレノにお乗りのお客様からデントリペアのご依頼になります。先日、メールにてクォーターパネルにヘコミ?違和感を感じたご様子で当店にご相談を頂きました。

気になるヘコミは、リアフェンダーに御座いました。当初、画像を拝見させて頂いておりましたが、違和感は感じ取れましたが正確な判断が難しく実際にご来店頂き拝見させて頂く事となりました。

お客様もクォーターパネル後方の上部寄りの場所に何か違和感を感じていらっしゃったご様子で、いつの間にか出来た物なのか、気になっていたご様子でした。実際に拝見させて頂くとヘコミでは無く出っ張りが出来てしまっている状態で凸凹している感じでした。ただ気になる事が・・・

プレスライン上に違和感が・・・(;’∀’)

これは、施工する側から見ると直ぐに分かる違和感ですね。(;^ω^) お話をお伺いさせて頂きますと、以前お近くのデントリペア専門店で作業して貰った様で、、、その痕跡です。完全に修復出来ずに凸凹になってしまっておりました。当初は、もう少し大きなヘコミだったと思われます。ただ、これで何となく気になっていた上部の出っ張りもこのヘコミが出来た時の影響で上部にまで普及していたのではないかと言う事が想像出来ます。既に補修済みパネルと言う事も御座いまして、事前にお客様にリペア後の仕上り予想含めご説明をさせて頂きまして、そのまま作業させて頂く事となりました。

通常作業よりもリカバリーは、厄介なケースが多いです。(‘◇’)ゞ 確かにツールアクセスが悪い状態では御座いましたが・・・

塗装状態を考えながらの作業でした。

やはり大切なのは全体のバランスとなります。実際にヘコミを拝見させて頂く事で正確な判断が可能となりますのでお気軽にご相談下さい。

続いて、東京都杉並区よりBMWM4にお乗りのお客様からデントリペアのご依頼になります。先日、クォーターパネルにヘコミが出来てしまったとの事でご相談を頂きまして本日の作業となりました。

気になるヘコミは、、、

ドア寄りの場所に典型的なドアパンチ被害ですね・・・(;’∀’) ツールアクセスさえ出来ればあっという間に終了となるケースですが、、、

クォーターパネルは、アクセスに苦労する事も御座いますが、何とか無事にリペア完了となりました。お客様にもお喜び頂けまして良かったです。キズの無いヘコミは、まずお近くの実績あるデントリペア専門店にご相談してみて下さい。

当店にご依頼有難う御座いました。<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA