本文へスキップ
東京都板橋区のデントリペア専門店|スイングクラフト

デントリペア東京

ヘッドライトの透明度が低い原因は・・・ルノー ルーテシア

皆さん、こんばんは~

東京都杉並区より、ルノールーテシアにお乗りのお客様からヘッドライトリペアのご依頼になります。先日、ヘッドライトの劣化にお悩みのご様子で当店にご相談を頂きまして、本日の作業となりました。

早速、ヘッドライトの状態を確認させて頂きますと、、、

ヘッドライト上部に黄ばみの発生は見られますが、そこまで酷い状態ではなさそうです。

お客様も何となくキレイでは無いと・・・(;’∀’) ご来店頂いて、ヘッドライトを確認させて頂いても確かに全体的に透明度が低い状態でした。パッと見は、キレイに見えるヘッドライトですが全体が曇っている様に見える原因は、、、

ヘッドライト全体に以前、磨いた時に出来たと思われる磨き傷。

これでは透明度が低いのも頷けます。

回転傷が無数に出来てしまっておりました。磨きによって出来る傷は、使用するコンパウンド・作業環境・技術不足・使用する機材等によっても発生してしまう可能性が考えられますが、劣化したヘッドライトを磨いて貰って傷だらけになってしまっては殆ど意味が無い事になってしまいます。

全体に発生していたクラック。

コート層の無い状態が長くなると、紫外線の影響を受け易くクラックが発生してしまいます。今回は、ヘッドライトの黄ばみ、クラック、全体の傷を除去して再コートして行きます。確りとした下地処理を施す事でヘッドライトは本来の透明度を回復します。

傷が無くなる事で透明度も向上します。

ヘッドライトリペアは塗布するコート剤では無く、下地で仕上りが決まります。

劣化によるヘッドライトクラックも除去出来ます。

ライト点灯時に見えた無数のクラックも全て除去。

コンパウンド等で磨くだけでも、ある程度の黄ばみ・曇りの除去は可能だと思いますが、ペーパー等で削った傷などは確りとした下地処理をしないと施工後に傷が残ってしまうケースも御座います。ヘッドライトリペアを施工する事で表層の劣化の殆どが除去可能となりますので、実績あるヘッドライトリペア専門店にご相談されるのが良いと思います。

続いて、東京都板橋区よりレクサスNX200tにお乗りのお客様からデントリペアのご依頼になります。リアドアにいつの間にかヘコミが出来てしまったとの事でご来店頂きました。

間違い無くドアパンチ被害だと思われますが、塗装に傷が入ってしまっておりましたので、お客様に傷だけは残ってしまう旨をご説明させて頂きデントリペアで修理させて頂く事になりました。

この程度の傷で塗装は勿体無いですので、デントリペアでの修理がベストな選択だと思います。

小さなヘコミはデントリペアがお勧めです。(^^)/

本日最後のご紹介は、埼玉県よりマツダロードスターにお乗りのお客様からデントリペアのご依頼になります。本日ドアにヘコミが、、、との事でお問い合わせを頂きそのままご来店となりました。

こちらも塗装に傷の有るヘコミとなりますが、デントリペアでの修理がベストとなるケースに間違い御座いません。ヘコミが無くなる事で殆ど気にならなくなる筈ですので、、、

この程度の傷で新車時のオリジナル塗装を無くしてしまうのは決して得策ではないですよね。小さなヘコミは、デントリペア専門店にご相談して下さい。

本日も沢山のご依頼有難う御座いました。<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA