本文へスキップ
東京都板橋区のデントリペア専門店|スイングクラフト

デントリペア東京

ヘッドライトのクラックとは違う完全な割れ・・・

皆さん、こんばんは~

埼玉県ふじみ野市より、BMW135iにお乗りのお客様からヘッドライトリペアのご依頼を頂きました。先日、現車を拝見させて頂きまして本日の作業となりました。

ヘッドライトの劣化にお悩みの様で当店にご相談を頂きました。

以前にヘッドライト磨きを施工してもらった事はあるようですが、ヘッドライト全体に再び黄ばみが発生してしまっている状態ですね。

右側のヘッドライトはこんな感じで良くあるヘッドライトの劣化の症状ですね。(;^ω^)

今回の問題点は、助手席側のヘッドライトに、、、

このひび割れも、ヘッドライトの素材自体にダメージが蓄積されて出来てしまった物ですね。

助手席側のヘッドライトには劣化が進行してしまっている部分が御座いまして、特に内側(グリル側)の一部ひびの様に見える物はクラックなどでは無く素材自体が完全に割れてしまっている状態になります。先日現車を拝見させて頂いた時に一部割れは除去出来ない旨をお伝えさせて頂きましてのリペアとなりました。ヘッドライトを磨いて簡易的なガラスコーティングを施工する場合には、一時的に黄ばみの再発を遅らせる意味合いとなりますので経年によりヘッドライトの素材自体にダメージは必ず蓄積されてしまいます。ヘッドライトのハードコートの部類になりますとコート層に膜厚が出来ますのでヘッドライトの劣化の一番の要因になります太陽からの紫外線をカットする事ができます。(100%カットは出来ません)ヘッドライトに簡易的なガラスコーティングを塗布しても紫外線をカットする効果はほぼ無いんです・・・(;^ω^)

ただ簡易的な施工を短いサイクルで繰り返す事で見た目の透明度を維持する事は出来ますので、決して悪いリペア方法という訳では御座いません。劣化の進行してしまったヘッドライトを確りと下地処理を施した上で(料金は割高にはなりますが・・・)保護能力の高いハードコートを施工するか、耐久性・仕上りは劣りますが短いサイクルでリーズナブルにヘッドライトの表層の劣化(黄ばみ・曇り)のみ除去して簡易的なガラスコーティングを施工するか・・・お客様の目的に合ったリペア方法をお選び頂ければと思います。簡易的なコーティングの方が再施工性にも優れますね。

ヘッドライトのクラックの殆どが除去可能になりますので、リペア後は見違えるレベルで見栄え・透明度は向上します。

ヘッドライトのクラック・ひび割れ除去は、実績のある専門店へご相談してみて下さい。

続いて、東京都練馬区よりマツダロードスターにお乗りのお客様からデントリペアのご依頼になります。先日の都内での雹によりヘコミが出来てしまった様で当店にご相談を頂きました。

雹害により、ボンネット・ルーフ・トランクにヘコミが出来てしまっておりましたが、今回はより目立つトランクのヘコミのみデントリペアで修理させて頂く事となりました。

ツールアクセスに苦労致しましたが、短時間で終了出来ました!!

今回の雹被害でボンネット等アルミパネルのご依頼が非常に多いですね・・・(;^ω^)

他にも東京都杉並区よりベンツA45にお乗りのお客様からもボンネットのデントリペアのご依頼を頂きました。
(こちらもアルミボンネット・・・)

アルミパネルもデントリペアで修理出来ますので、お近くの実績のあるデントリペア専門店にご相談されるのが良いと思います。

当店にご依頼有難う御座いました。<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA