本文へスキップ
東京都板橋区のデントリペア専門店|スイングクラフト

デントリペア東京

フォルクスワーゲンゴルフ6 ヘッドライトのクラック・コート層の剥がれ

皆さん、こんばんは~

東京都三鷹市より、フォルクスワーゲンゴルフ6GTIにお乗りのお客様からヘッドライトリペアのご依頼を頂きましたのでご紹介をさせて頂きます。先日メールにてお問い合わせを頂き、本日のご来店となりました。悪天候の中ありがとうございます。(^^)/

ある部分だけは、、、

ヘッドライト上部には新車時のコート層の剥がれが見られ、自然光でも若干のクラックが確認できます。助手席側のヘッドライトには黄ばみも発生している状態でした。せっかくキレイなボディのフォルクスワーゲンもヘッドライトが劣化している事により全体の見栄えも悪くなってしまいます。(;^ω^)

助手席側のヘッドライトの方が劣化が進行しておりましたが、運転席側のヘッドライトにも確りとクラックは入っておりました。コート層の剥がれもありますね…(;^ω^)

新車時の硬質のハードコートはヘッドライトが透明度を維持したままの物は非常に除去するのが大変です。(;’∀’)

最近はフォルクスワーゲン7のご依頼が殆どですが、ちょっと前まではフォルクスワーゲン6のご依頼も結構沢山頂いておりました。フォルクスワーゲンと言うだけで施工不可との判断をされてしまう事も多いヘッドライト・・・

確りとした下地処理により、透明度は確実に上がります!!

ヘッドライトリペア時に使用されるコート剤にも種類があり、それぞれに特性がございましてメリット・デメリットも間違い無く存在致します。当店では全ての種類のコーティング剤を施工している訳では御座いませんので、お客様のご要望に合ったリペア方法のご提案をさせて頂いております。

酷かった助手席側のヘッドライトも、、、

フォルクスワーゲン・アウディ等のヘッドライト磨きは、市販品ではキレイにならない事が殆どですので実績のある専門店にご相談されるのがベストだと思います。

当店にご依頼ありがとうございました。<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA