本文へスキップ
東京都板橋区のデントリペア専門店|スイングクラフト

デントリペア東京

絶対にデントリペアがお勧めとは言えないケースも・・・

皆さん、こんばんは~

東京都板橋区より、ベンツCクラスにお乗りのお客様からデントリペアあのご依頼を頂きました。

ご依頼を頂いたのは2カ所になりますが、まずはメインのクォーターパネルのヘコミから、、、

複雑なヘコミですが、実際には擦って出来たヘコミとなります。身に覚えが無いご様子でして、恐らく当て逃げによるヘコミだと思われます・・・( ;∀;) その際に出来た擦り傷も幾つか見られました。この程度の傷でしたらデントリペアでの修理をお勧めさせて頂くケースとなりますが、、、

リアバンパーとの境目には既にタッチアップされておりますが、完全な塗膜の欠損が有りまして、、、(;^ω^) 更に以前、リアドアとクォーターパネルは鈑金塗装済みのパネルとなりますので、デントリペアでの修理でも新車時の塗装を維持出来るという事でも御座いません。ヘコミの一部は、ツールを侵入する事が出来ない場所でも有りましたので、表から引っ張るプーリング作業もリスクが高くなります。トータルで判断すると、今回の場合には必ずしもデントリペアでの修理がベストとは言えないケースでした。傷は残ってしまう事、鈑金塗装での修理も視野にご検討を頂きまして見栄えが改善出来れば・・・との事で、デントリペアでの修理をご選択頂きました。

続いて、一緒にご依頼を頂きました運転席ドアのヘコミになります。

アウターハンドルの直ぐ横にキズの無いヘコミですね。こちらは、迷わずデントリペアがお勧めなケースとなります。

塗装に傷が有るヘコミの場合、デントリペアでの修理か鈑金塗装での修理かで迷われる事が多いと思いますが、まずお近くのデントリペア専門店へご相談されるのがベストだと思います。

続いて、東京都目黒区より取引業者様からBMWアルピナXD3のデントリペアのご依頼でお持ち込み頂きました。

フロントフェンダーに気になるヘコミが、、、

自転車・バイクが、擦って出来た様な横筋状の傷の有るヘコミでした。アルミパネルもデントリペアは出来ますが、スチールに比べ同じヘコミでも厄介なケースが多いです・・・(;^ω^) 

続いて、ボンネットにもヘコミを発見!!

助手席側ボンネット後方に小さなヘコミでした。アルミボンネットになりますが、先程のヘコミに比べれば・・・

ツールアクセスは不可でしたので、プーリングでの作業にて無事終了致しました。今回も、何とかお役に立てて良かったです。(^_-)-☆

本日も沢山のご依頼・お問い合わせ有難う御座いました。<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA