本文へスキップ
東京都板橋区のデントリペア専門店|スイングクラフト

デントリペア東京

気になる凹みは、無塗装で直します??

皆さん、こんばんは~

東京都練馬区より、スバルレヴォーグにお乗りのお客様からデントリペアのご依頼を頂きました。先日お見積りをさせて頂きまして、本日の作業となりました。

ヘコミは、複数パネルに6カ所御座いまして、、、

まずは、ボンネットのヘコミのご紹介から

ボンネットには2カ所のヘコミでしたが、塗装には傷は御座いませんので迷わずデントリペアがお勧めな修理方法になります。

続いて、ルーフピラー部のヘコミ、計3カ所です。

ルーフピラー部のヘコミは、ツールを侵入してヘコミを押し上げる事は出来ませんので、表から引っ張るプーリングにて作業して行きます。

最後は、クォーターパネルのヘコミです。

言われなければ気付かないかも知れない極僅かなヘコミと言うか違和感。気付いてしまうと目がそこに行ってしまうので、やはり気になります・・・( ;∀;)

と、いう事でこちらも一緒にリペアさせて頂きました。

続いて、神奈川県横浜市よりアウディA4にお乗りのお客様からデントリペアのご依頼になります。

先日、ドアの縁部分が折れてしまったとお問い合わせを頂きまして本日のご来店となりました。

ドアを開けた時にぶつかってしまった為、ドアの縁が中に折れてしまっております。塗装の一部には傷が入ってしまっておりましたが、鈑金塗装での修理となると広範囲での塗装が必要となりますので、エッジ部の傷は残りますがデントリペアが最善の修理方法となります。とは言え、、、ドアの縁(ヘミング部)は、デントリペアでは完全修復が不可な場所になりますので僅かな痕跡も残したくない場合には作業が難しくなってしまいます。

傷部分はタッチアップして頂ければ大丈夫かと・・・(^^♪

本日も沢山のご依頼・お問い合わせ有難う御座いました。<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA