本文へスキップ
東京都板橋区のデントリペア専門店|スイングクラフト

デントリペア東京

気になるヘコミには… | アヴァルト500

皆さん、こんばんは〜

本日はアヴァルト500 にお乗りのお客様よりデントリペアのご依頼を頂きましたのでご紹介をさせて頂きます。

先日、お電話にてお問い合わせ頂きまして凹みの場所等は事前にお聴き致しておりまして、、、

本日ご来店頂きましたー( ^ω^ )

アヴァルト500  クォーターパネルの凹み

凹みは、左クォーターパネルのフロントドア寄りの場所になります。(・_・;

アヴァルト500  クォーターパネルのデントリペア

ほぼ縁に掛かってしまっておりまして、簡単な凹みでは有りません。しかし、塗装には傷は御座いませんのでデントリペアが最善の修理方法になります。

今回の場合、凹みの場所から判断して表から引っ張るプーリング で直すか、タイヤハウス内に穴を開けて直すか、室内トリムを外して凹み裏にツールを侵入するか…

になるかと思いますが、今回はトリムを外して凹み裏にツールを侵入して直す方法で行きたいと思います!

アヴァルト500  クォータートリム外し

リヤシートも外してトリムを外していきます。

しばしお車をお預かりさせて頂きまして無事終了しましたー( ^ω^ )

アヴァルト500  デントリペア

景色の映り込みでも確認してみます。

デントリペア東京

キレイに直りましたー(≧∇≦)

デントリペアでの修理は、どんなに凹みが小さくてもやはり作業者にしか修理の可否の判断は出来ません。直せる凹みでも、これはデントリペアでは修理出来ませんねーと、言われてしまう事も有ると思います。

一度、デントリペア専門店にご相談してみてくださいね!

当店にご依頼ありがとうございました〜m(__)m

アヴァルト500

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です