本文へスキップ
東京都板橋区のデントリペア専門店|スイングクラフト

デントリペア東京

日産 スカイライン クォーターパネル デントリペア

みなさん、おはようございます!(^^)!

スイングクラフトです。。。今回は、デントリペアの直し方?みたいな物?を書こうと思います。

デントリペアとは、ヘコミの裏にツールを侵入して初めて凹みを修復するのが一般的です。

その中でも、色々な凹みと対面していると・・・部品を外しても、トリムカバーを外してもツールが凹みの裏に侵入出来ない場合があります。

では、凹みを直せないのか?・・・

 

 

そうではありません(@_@)

デントリペアには、そういう時の為に表から引っ張る事で凹みを修復する事が出来るのです。

スカイラインクーペ デントリペア

 

こちらは、スカイラインクーペのリヤクォーターパネルの凹みです・・・

トランク内、テールランプの穴からはアクセス出来ません。(+_+)

その場合、タイヤハウス内に穴を開けて(見えない場所に)ツールを侵入する方法もあります。

(勿論、オーナー様の許可を頂いてからの作業になります。)

穴を開けるのに抵抗がある方も多いと思います。それは確かにそうですよね~。

穴あけの場合も防錆処理を施し、蓋をしますので問題はありませんよ。

でも・・・という方には、表から引っ張ります!!

専用タブに専用接着剤を塗布して・・・

プーリング作業

 

引っ張ります!!

そうする事で、穴も開けずに凹みをリペアする事も可能です。但し・・・

当然、塗膜にリスクも伴います。接着剤を使用しますので、引っ張った時に塗膜も一緒にベリッ

剥離する危険があります。(塗膜の経年劣化、補修塗膜etc)塗膜の見極めが重要になります。

裏にスペースが無い場所、2重構造部分などに、活躍いたします(^v^)

これにより、デントリペアで直せる部分が大幅に増えたので~すヽ(^o^)丿

・・・という、お話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です