本文へスキップ
東京都板橋区のデントリペア専門店|スイングクラフト

デントリペア東京

再補修塗膜にプーリングは…

皆さん、こんばんは〜

本日もデントリペアのご依頼を頂きましたのでご紹介をさせて頂きます。まずは、東京都杉並区よりスズキ ジムニー にお乗りのお客様になります。LINEよりお問い合わせを頂きまして本日のご来店となりました。

スズキ ジムニー  デントリペア
当店のリピーター様になります。( ^ω^ )

ヘコミは、運転席ドア下部に御座いました。

スズキ ジムニー  ドア下部のヘコミ修理
このヘコミに思い当たる節が有る様です…
スズキ ジムニー  ドア下部のデントリペア作業前
実際には斜めに長いヘコミですね。

ドア下部と言う事で、表から引っ張るプーリング も考えましたが、、、

ツールアクセスを確保する為にトリムを外してみると…

ドア内部には、分厚い防振材が…
中には、分厚い防振材がビッシリ…(≧∇≦)

防振材の上から押してもなかなか上手くいきません…

ならばプーリング で行きたいところですが、既に再補修済みのパネルの為、極力避けたいところです。再補修塗膜は、プーリング で引っ張った時に塗膜剥離のリスクが高くなります。(今までも結構引っ張りましたが、剥離しない事も多いです…)

と、言う事で防振材はお客様のご要望により剥がさずにヘコミを押し上げる事となりました。

スズキ ジムニー  ドア下部のデントリペア作業後
何とか無事に終了しました〜( ^ω^ )
車の小さなヘコミは、デントリペアがお勧めです。
角度を変えてもヘコミは無くなりました!!

ありがとうございました〜

続いて、東京都千代田区より ベンツ Eクラス カブリオレ(W207)のお客様にご来店頂きました。

ベンツE 250 カブリオレ デントリペア
W207のお客様もリピーター様になります。

ヘコミは、左右クォーターパネルに計3ヶ所御座いました。コンバーチブルのクォーターパネルはツールアクセスが出来ない事も多々ありますが、、、

ベンツEクラス カブリオレ クォーターパネルの小さなヘコミ修理
右クォーターパネルの薄らとしたヘコミ…
ベンツE 250 カブリオレ クォーターパネルのデントリペア作業後
こちらのヘコミは、プーリング にて無事終了〜
ベンツEクラス クォーターパネルのデントリペア作業前
左クォーターパネルの小さなヘコミ…

こちらのヘコミは小さいですが、中心に芯のあるヘコミだったのでプーリング では無くツールアクセスを確保して押し上げてリペアしました〜

ベンツEクラス クォーターパネルのデントリペア作業後
再補修塗膜でも有りましたので…

プーリング によるリペアは、ツールの侵入出来ない場合などに活躍してくれる修理方法になりますが、必ずリスクを伴う作業方法になりますので事前にお客様にご説明をさせて頂いてから施工させて頂きます。

東京都 デントリペア専門店

当店にご依頼ありがとうございました〜m(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です