本文へスキップ
東京都板橋区のデントリペア専門店|スイングクラフト

デントリペア東京

傷が残っても良ければ・・・

皆さん、こんばんは~

東京都北区より、トヨタハリアーにお乗りのお客様からデントリペアのご依頼になります。先日、メールにてドアにヘコミが出来てしまったとの事でご相談を頂きまして本日のご来店となりました。

既に画像を拝見させて頂いておりましたが、、、

フロントドアの前方下部に縦筋状のヘコミですね。

良く見ると、縦に線傷が2本ありまして完全に塗装が削れてしまっておりデントリペアではそのまま残ってしまうケースとなります。恐らくドアパンチ被害だと思われますが、一度相手のドアが当たって少し前方にズリッと動いた為に傷が2本出来てしまった様です、、、(;’∀’) 傷も直したい場合には鈑金塗装での修理となりますが、傷は残ってもヘコミが直ればとの事でデントリペアで修理させて頂く事となりました。ただ通常ドアのリペアをする場合、ガラスとの隙間からツールを侵入する事が多いのですが、距離が遠い場合には内張を外してのリペアとなる事も。今回のケースは内張を外してのリペアですとドアを開けた状態での作業となりますので、ヘコミがフロントフェンダーに隠れて認識出来なくなってしまうんです。更に塗装に傷が御座いますので表から引っ張るプーリング作業は塗膜剥離のリスクが高い為に不可。フロントドアの前方下部は、ヘコミの形状にもよりますが作業がし難い場所の一つです。

それでも何とか確り押し上げる事が出来まして、ヘコミはキレイに無くなりました。( ´Д`)=3 フゥ

違和感もなく。

ドア下部と言う事も有りそこまで気にならないかと思います。

当店にご依頼有難う御座いました。<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA