本文へスキップ
東京都板橋区のデントリペア専門店|スイングクラフト

デントリペア東京

何処でヘコミが出来てしまったのか・・・( ;∀;)

皆さん、こんばんは~

東京都大田区より、フィアット500にお乗りのお客様からデントリペアのご依頼になります。先日、LINEにてお問い合わせを頂きまして本日のご来店となりました。

運転席ドアに、いつの間にかドアパンチらしきヘコミが出来てしまったご様子で当店にご相談を頂きました。

フロントドア前方に縦に長いヘコミが出来てしまっておりました・・・(;^ω^)

長さは、20㎝弱。塗装に目立つ傷は御座いませんでしたので、デントリペアが最善の修理方法となります。お客様は以前に他店様にて既にデントリペアをご経験済みとの事で、塗装をしないメリットは十分に理解されており今回も迷わず⁉デントリペアでの修理をご選択頂きました。今回は、縁あって当店にご依頼を頂きました~(^^)/

有難う御座いました!!

続いて、東京都大田区よりプジョー308にお乗りのお客様からデントリペアのご依頼になります。

そんな、ピカピカのプジョー308ですが、、、

お客様も全く身に覚えが無いご様子で、いつ出来てしまったのかは・・・??

塗装に傷が入ってしまっておりましたが、まだ納車から2か月の新車ですので極力塗装は避けたい所です。多少の傷は残っても何とかデントリペアでとの事で当店にご依頼を頂きました。ドア上部と言う事でツールアクセスが厳しい事も多い場所ですが、やはり今回のケースもツールの侵入ルートが殆ど無し・・・( ;∀;) それでも何とかヘコミにアクセス出来る場所を確保。ただ、使用出来るツールが限定されてしまいましたが、、、

完全に除去は出来ませんでしたが、自然光ではそれ程気にならないかと・・・(;^ω^)

お客様にもお喜び頂けまして、何よりです!!

デントリペアは万能な技術では御座いませんが、直せるヘコミは沢山御座いますので鈑金塗装の前に一度、実績のあるデントリペア専門店にご相談してみて下さい。

当店にご依頼有難う御座いました。<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA