本文へスキップ
東京都板橋区のデントリペア専門店|スイングクラフト

デントリペア東京

ヘッドライトの黄ばみは、磨くだけでは・・・|アウディ オールロード

みなさん、お疲れ様です。

本日は・・・ あいにくの雨・・・ですが、 先程、みぞれが降っていましたね!車で走っているとボディに コツン!コツン!と音がしておりました。本格的な雹になるとボディに無数のヘコミが出来てしまいますからね。 ボディもへこみますが、気分もへこんでしまいますから・・・気を付けましょう!

さて、今回ご紹介するお車は・・・

アウディ オールロードのヘッドライトコーティングのご依頼です。

そもそも、 ヘッドライトコーティングとは、ライトの黄ばみ、曇り等を除去して専用コーティング剤を塗布して長期間その状態を維持させる事です。 アウディ オールロード ヘッドライトコーティング 今回、ご依頼頂きましたオールロードは、黄ばみでは無くクリヤー感がまったく無い!状態です。曇っている様ですが・・・

良く見ると・・・↓ アウディ オールロード ヘッドライトコーティング ヘッドライトの磨き傷 傷だらけ・・・の状態です。

以前にヘッドライトを磨いてもらった様です。研磨剤で磨いて表面のコーティング層を取ってしまうと素材が剥き出しの状態の為、ヘッドライトのポリカーボネートを保護する事が出来ません。新車時に塗布されているコーティング層は、意外と薄くアッという間に取れてしまいます。その場合、最初はキレイなってもすぐに素材の劣化が進行して黄ばみ、亀裂等が発生してきます。素材に入ってしまった亀裂は除去が非常に困難になります。

さて、今回はこのヘッドライトにコーティングを施したいと思います。

画像が急に飛びますが、

アウディ ヘッドライト磨き ↑ 傷を除去した状態です。透明度復活!

この後、コーティング剤を塗布して終了になります。

今回、施工させて頂きましたオールロードはコーティング層の無い状態が続いた為・・・ アウディ ヘッドライトコーティング ↑ 良く見ると細かい傷の様な物が見えると思います。これが劣化により素材自体に亀裂が入ってしまい除去不可能になってしまった状態です。 亀裂は残りましたが、大分キレイな状態に戻ったと思います。(^O^)/

ヘッドライトに異変を感じたら・・・早めの対処がオススメです。

ご依頼、ありがとうございました~ m(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です