本文へスキップ
東京都板橋区のデントリペア専門店|スイングクラフト

デントリペア東京

ヘッドライトの劣化・ヒビ割れに気が付かない事も…フォルクスワーゲンゴルフ7

皆さん、こんばんは~

埼玉県新座市より、フォルクスワーゲンゴルフ7GTIにお乗りのお客様からヘッドライトリペアのご依頼になります。先日、メールにてお問い合わせを頂きましてご来店を頂きました。

ヘッドライトの劣化にお悩みの様で当店にご相談をいただきまして

透明度も高いですし、一見何処が劣化しているのか分からない様な状態です。

ヘッドライト全体に無数の劣化(ひび割れ)が発生しているのが分かります。(;’∀’)

昼間の自然光でもひび割れが確認出来れば分かると思うのですが、今回のフォルクスワーゲンゴルフのヘッドライトは外で見ても注意深く見ないとひび割れを確認する事が出来ない状態でした。夜間等にヘッドライトを点灯すれば直ぐに分かりますが、ライト点灯時に外に出る事はあまり多くは無いですので、ひび割れの発見が遅れてしまう事があります。意外とヘッドライトの劣化に気付いていない方も多いのではないでしょうか・・・

当ブログでも良くご紹介をさせて頂いておりますが、フォルクスワーゲン・アウディなどは国産車等の黄ばみの劣化とは違い、ひび割れが発生して劣化が進行しても透明度の高い状態のヘッドライトのリペアは結構厄介な作業となります。(;^ω^)

その為、リペアする際にはそれなりに時間も掛かりますが適切な下地処理をする事でフォルクスワーゲンのヘッドライトのクラック・ひび割れはキレイに除去する事が可能です。

それでも劣化したコート層を残してもメリットは御座いませんので、早めのリペアがお勧めです。

ヘッドライト磨きをする際、簡易的なヘッドライトを磨いてガラスコーティングを塗布する施工方法でも透明度の維持は繰り返し施工する事で出来ると思いますが、素材自体(ポリカーボネート)の劣化を防ぐには必ずコート層に膜厚が必要になります。それでも100%紫外線をカットする事は出来ませんのでヘッドライトは必ず劣化が始まってしまいます。ヘッドライトリペアにも施工店により色々な施工方法・考え方・コート剤の種類もあると思いますので一度、専門店にご相談してみるのが良いと思います。

フォルクスワーゲンのヘッドライトはリペア不可とお断りされてしまう事も御座いますが、クラック・ひび割れは除去出来ます。(^^)/

当店にご依頼ありがとうございました。<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA