本文へスキップ
東京都板橋区のデントリペア専門店|スイングクラフト

デントリペア東京

ツールが、ヘコミにアクセス出来るかどうかが肝心です。

皆さん、こんばんは~

東京都練馬区より、三菱デリカにお乗りのお客様からデントリペアのご依頼になります。前回とはお車は違いますが当店のリピーター様になります。(^^)/

助手席ドアにヘコミが出来てしまった様ですが、、、

ドア上部のプレスライン付近にドアパンチ被害だと思われるヘコミが・・・( ;∀;) ドア前方は、ツールを侵入する隙間が狭い事が多く筋状のヘコミ、芯の有るヘコミの場合には、ツールで直接押す事が必須となるケースですが、やはり一部隙間が殆ど無く、お客様のご了解を頂きプーリング作業も併用する事となりました。

以前、デントリペアの作業をご依頼頂いておりますのでメリットはご存じの筈ですので、今回もお役に立てて何よりです。

続いて、埼玉県戸田市よりアウディQ5のデントリペアのご依頼になります。運転席ドアのヘコミとの事でしたが、、、

ヘコミの上部はかなりの深さが有り一部塗装にも僅かに傷がはいっておりまして、ヘコミ近くにインパクトビームも有り結構な範囲にヘコミが普及してしまっておりました。この様なヘコミは全体のバランスをとる事が大変です・・・(;^ω^) これ、何で出来てしまったんでしょうか。ドアパンチ?? 

ツールアクセス次第で難易度が変わってしまうデントリペアですが、直せた場合のメリットは計り知れませんので、一度デントリペア専門店にご相談をしてみて下さい。

当店にご依頼有難う御座いました。<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA