本文へスキップ
東京都板橋区のデントリペア専門店|スイングクラフト

デントリペア東京

ガラスの縁近くの飛び石キズもリペアは可能です。

東京都中野区より、トヨタカムリのガラスリペアのご依頼を頂きましたのでご紹介をさせて頂きます。

フロントガラスに飛び石による傷が出来てしまった様で、当店にご相談を頂きまして本日、ご来店をいただきました。

ディーラー様にて点検の際ご指摘を受けた様ですが、リペアは不可でガラス交換をお勧めされたようです。見積り20万円オーバー!!( ゚Д゚)

ガラスの縁近くの場所は基本的にリペアよりガラス交換をお勧めされるケースが多いようです。縁近くのリペアはひびの伸長するリスク等を考慮してリペアは推奨されていない為なのですが・・・

今回の飛び石キズが出来たガラスの縁部分の黒いセラミック部は、通常のガラスリペアの様に内側から鏡をセットして内側からの状態を確認しながらリペアする事が出来ません・・・(;^ω^) 作業のやり難い場所となりますが、それでもリペアは可能となります。

表面の欠けが少し大きめでしたので、リペア後も丸い染みの様な跡が残りますが確りとヒビに樹脂を流し込み作業終了となります。ガラス交換は料金も高額になりますので、リーズナブルに施工できるガラスリペアがお勧めです。ただリペアという特性上、傷・ひびは完全には消えません。必ず修理跡は残ります。飛び石による傷・ひびが出来てしまったら、なるべく早めの対処が重要になります。

続いて埼玉県和光市より、ホンダS2000にお乗りのお客様からデントリペアのご依頼を頂きましたのでご紹介をさせて頂きます。先日、お問い合わせを頂きまして本日のご来店となりました。

ヘコミは、助手席側クォーターパネルに、、、

大きなヘコミの方は、中心に芯のある深めのヘコミでした。自転車が倒れて出来てしまったヘコミの様ですが・・・(;^ω^)

今回のS2000は、幌では無くハードトップのオープンカーになります。オープンカーのクォーターパネルは構造上ツールアクセスが出来ない事が殆どですので毎回苦労する事も多いパネルになります。タイヤハウス内に小さな穴を開けてヘコミにツールをアクセスさせる方法も御座いますが、今回は、お客様とご相談をさせて頂きまして穴あけせずにリペアする事となりました。穴あけは、なるべく最終手段で・・・(状況によっては、お客様のご了解を頂き穴あけの作業をさせて頂く事も御座います。)

今回のパネルは既に再塗装済みでしたので、多少難しい部分も御座いましたが無事リペア完遂です!!

本日も雨の中、当店にご依頼有難う御座いました。<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA